特選花びらたけ 500g袋×4

knk-07
販売価格
¥7,300
数量

ハナビラタケ科ハナビラタケ属に属し、1科1属のきのこです。
夏から秋にかけてモミやマツの針葉樹の枯れ木の根元に発生します。高山でしか発生せず、自然界での発生量は極めて少なく「幻のきのこ」と呼ばれています。

花びら茸は、非常にデリケートで、ごく限られた環境下でしか育ちません。花びらたけを栽培しているのは、全国でも十数件ほどしかありません。
独自の栽培方法により、従来の花びら茸には無い弾力のある歯応えを生み出しています。荷くずれがなく、コリコリとした歯応えです。上品な香りで味にクセがなく、和・洋・中いろいろな料理に合います。

きのこに含まれる有効成分の代表的なものは、免疫細胞を活性化させるβ-(ベータ)グルカンという成分です。花びらたけは、きのこの中でNo,1の含有量を誇っています。
グルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸も多く含まれています。お肌のハリやうるおいを保つのに欠かせないグリシンという成分も多く含まれていて、美容と健康に良いきのこです。