NHK「茨城ニュースワイド」で珍しいきのこ「花びら茸」が紹介されました。

hantar
NHK水戸放送局、ニュースワイド茨城「ハングリーハンター」のコーナーでハングリーハンターこと長谷川静香さんに茨城県東茨城郡城里町の美味しい食材を取材していただきました。
桂地区の美味しい白菜、レッドポアロー(赤ネギ)、常北地区高安園のおいしいお茶「古内茶」は、茨城県の三大銘茶と言われております。
七会地区からは、七会きのこセンターの「幻のきのこ 花びらたけ」を取材していただきました。

先ずは、舞茸の育成室を見学していただきました。きのこの部屋に入るやいなや、くしゃみの止まらない長谷川静香さん。何故かというと、舞茸の胞子でくしゃみが止まらなかったのです。

次に、花びらたけの栽培室を見たいとの事でしたが、当センターの花びらたけは独自の栽培方法を使用し企業秘密となっておりますので撮影は禁止とさせていただきました。しかし、今回は特別にハンターにだけお見せしました。
特別な栽培方法により、従来の花びらたけにはない、煮くずれがなくコリコリとした歯応えを生み出しています。
ぜひ花びらたけを食べてみたいとの事で中川社長の自宅に移動。社長の奥様が花びらたけの料理に腕を振るってくれました。
上品な香りで味にクセがなく、お鍋・煮物・サラダ・和え物・炒め物・パスタ・きのこご飯・うどん・そば、いろいろな料理に合います。
生産者ならではの食べ方として、肉厚の茎の部分を使用し、天ぷらではなく唐揚げにして食べていただきました。
「さっぱりしていているのにジューシー。何個でも食べれちゃう。ぜひこれは多くの人に食べてもらいたいですね。」と、大変びっくりされながらも美味しく食べていただきました。

放送当日も、スタジオのアナウンサーの方々にも食べていただき「お肉食べてるみたい。言われないときのこだって分からないですね。これは美味しいですね。」と言っていただきました。