はなびらたけ

幻のはなびらたけ

幻の茸と呼ばれたはなびらたけ

天然物のハナビラタケは、採取量が極めて少ないことから「幻の茸」と言われております。
ハナビラタケは、非常にデリケートで、ごく限られた環境下でしか育ちません。 菌の成長もとても遅く、雑菌に弱いです。1ビン当たりの収量も低いことから、現在ハナビラタケの生産者は、全国でも数件ほどしかありません。

七会きのこセンターでは、ハナビラタケの栽培に研究を重ね、特殊な栽培方法を開発し、量産化に成功いたしました。手間暇かけて約70日間、じっくりと愛情持って育てあげていきます。
独自の栽培方法により、他社のハナビラタケとは一線を画すみずみずしい歯応えを生み出しています。味にクセがなく、香りが良い。荷崩れがなく歯応え抜群です。和・洋・中いろいろな料理に合います。
きのこに含まれる有効成分の代表的なものは、β-(ベータ)グルカンという成分です。健康食材としても注目されていますが、七会きのこセンターでは美味しさにこだわり、全国の皆様の食卓に笑顔をお届けします。

幻の茸ハナビラタケご購入はこちら

細かいヒダと独特の歯触りが特徴です。

関連商品